【サイト移行のお知らせ】

2018年11月1日よりギターのレシピの動画コンテンツは下記の新サイトへ移行されました。今後の視聴や購入手続きはすべて新サイトからお願いします。

⇒新サイトはこちら

 

会員制サイトなので教材購入者の方には購入時に使用したメールアドレスに「招待メール(パスワード再設定)」を送っています。※2018年11月1日に送信済み。件名は「招待メール|ギターのレシピ会員サイト」

そこからログインすると各ユーザーのマイページにログインし購入済みの教材を視聴できます。今後、旧レッスンサイトは使えなくなりますので必ず招待メールから手続きをして下さい。もし招待メールが届いてない場合は下記から申請をお願い致します。

⇒申請はこちら


コードのレシピ〜中巻〜とは?



コードのレシピとは、理論を知ってお洒落にアレンジするための教材です。コードの中身を分かった上でアレンジするのが最大のポイント!上巻・中巻・下巻の3つに分かれていて、上巻は「コード理論・ボイシングアレンジ」、中巻は「テンションコードアレンジ」、下巻は「オブリガートアレンジ」です。


テンションを入れると

こんな雰囲気に!



ジャズの教材ではありません


リリース直後から「ジャズの教材ですか?」「難しいですか?」という質問がきています。テンション=ジャズというイメージなのでしょうがないんですけど、当教材はジャズの教材ではありません。テンションコードを使ってポップな曲をお洒落にアレンジして楽しみましょう!という内容です。例えばスタンドバイミーとか、ワムのラストクリスマスとか、AKB48のヘビーローテーションとか。こういう曲のコードの一部分をサラッとテンションに変えてアレンジするためのレシピです。

テンションバリバリでジャズを弾きまくるのではなくて、どちらかと言うと「テンションコード入門編」な内容になってるので、ジャズはちょっと…という方もご安心頂ければと思います。ちなみに弾き語りでもかなり使えます。もちろんジャズ好きな方はジャズに使うこともできます!


 数年前までテンションに拒絶反応


・「テンション」と聞いただけで眉間にしわが寄ってしまう!

・コードに9や13が付いてるともうチンプンカンプン!

 

という方はとても多いと思います。この教材を制作する時にお願いしたアンケートでも断トツで多かった意見です。たしかにテンションコードは数字がたくさん付いていて見た目もややこしいですよね。

実は数年前の僕もテンションは本当に苦手でした。C△7(9.13)とか見た瞬間「これなに!?なんかヤダ!」と拒否反応を起こしてテンションを無視して弾いてたくらいです。でも「さすがにこれじゃいかん」と理論を踏まえて勉強を始めると、「なんだ、そういう事なのか」と中身がどんどん理解できるようになったんです。テンションって中身が分かると急に親近感が出てくるので拒絶反応もすっかりなくなりました。


実はテンションって楽しい!


ここからは本当に「楽しい!」の一言でした。

C△7(9.13)という難しそうなコードもちゃーんと理解できるのでバシッと弾けますし、自分のバンドの曲をテンションにアレンジすることもできます。確実に演奏の幅が広がってコードを弾くのがめちゃめちゃ楽しくなりました。13thと聞いたとたん耳を塞いでいたのがウソのようです。

テンションはただコードを覚えるのではなくて「そういう事なんだ」とちゃんと理解するのがとてもとても重要なんですね。

中巻にはそんな僕の知識がすべて入ってるので、「テンションって難しくないし楽しい!」と思ってもらえると思います。ぜひマスターしていつも弾いてるコードをサラッとテンションにアレンジするその快感を味わって下さい。(これはホント楽しい)


テンションコードが弾けると…


<コードに自信が付く>

テンションコードやadd系、6thコードが分かるとコードに対してどんどん自信が付いていきます。数年前に僕自身も経験したことなんですけど、感覚としてはスケールを覚えてアドリブができるようになった!という感覚にかなり近いです。


<お洒落にアレンジ>

いつも同じコードばかり弾いてるあの曲を「今日は少〜しだけお洒落に…」「今日は思い切ってジャジィに…」といろんなアレンジで楽しむことができます。CDに合わすのも良いですし、弾き語りやバンドで活用するのも楽しいですね。

 


<耳コピ・作曲に繋がる>

テンションコードを弾くと9th・11th・13th、それぞれの特徴が耳に馴染むので、「今のコードは9thが入ってるな」と耳コピの精度がバツグンに上がります。また、テンションを使ったコード展開やメロディラインなど、作曲の幅もとても広がります。



77のコードフォームと

分かりやすい理論


テンションコードを全部で77パターン解説しています。もちろんすべてダイアグラム付き。コードフォームだけではなくアレンジに必要な理論も分かりやすく解説しています。例えば・・・

 

・なぜアボイドは使ってはいけないの?

・C6とC13って何が違うの?

・C9とCadd9は何が違うの?

・sus4の考え方と使える場所は?

・トライトーンって他で使ってもいいの?

・コード構成音の中で優先する音は?

 

などなど。すべてのKeyに対応できるようにメジャー・マイナーを合わせた24種類のダイアトニックコード表もセット!



テンションを解説する7つのコー

(Key=C)


C△7のテンションとコードフォーム9通りを解説。C△7は曲の最重要コードなので、イントロやエンディングでテンションを使って印象を変えることができます。1音しか離れていないハーモニーで透明感のあるテンションコードも!


Dm7のテンションとコードフォーム9通りを解説。少し特殊なDm7のアボイドノートも「あ、そういう事なんだ!」とスッキリ理解できます。ポイントはト◯イ◯ー◯です。上巻との組み合わせで理解力が一気にアップ!


Em7のテンションとコードフォーム3通りを解説。Em7は使えるテンションが少ないのであまり大胆にアレンジする事ができません。そこにはスケールに密接した事情があるんです。



F△7のテンションとコードフォーム13通りを解説。F△7はすべての音がテンションで使えるため、アレンジには持って来いです。ちょっとお洒落なものからジャジィなものまで雰囲気をコントロールできます。


G7のテンションとコードフォーム9通りを解説。9thや13thを加えたコードなど、ファンクで多様されるコードがこれ!セッションでもファンキーなアレンジが可能です。重要なドミナントなのでテンションの知識は必須です。


Am7のテンションとコードフォーム9通りを解説。Am7は曲にとって中心的なコードなので、テンションを付けることで哀愁感や透明感を出して曲の雰囲気をアレンジすることができます。僕は頻繁にAm7(9)を使います。



Bm7(♭5)のテンションとコードフォーム2通りを解説。ダイアトニックコードの中でもあまり使われないコードですけど、いざという時にテンションを入れるとインパクト大です。



アレンジには欠かせない!

6th・add・susコード


C6やC69と言った6th系コードを解説。ボサノヴァ風のアレンジやほっこりした雰囲気を出したい時、さらに曲のエンディングでも重宝されるとても使えるコードです。6thと13thは同じ音ですけどC6とC13の中身は全く違うんですよね。その理由もしっかり解説!


3和音に音を追加するadd9・add11を解説。広がりを出したい時に使えるコードアレンジです。さらにテンションを追加する時の「あるルール」も解説。C9とCadd9は何が違うの?というコード表記に対してのモヤモヤもスッキリ解決します。


コード譜でよく出てくるsus4コードを解説。コード展開をじらして曲を盛り上げる効果があるのでいろんな曲で使われています。アレンジには必要不可欠なコードです。「音を追加する」のではなく「変化させる」という考え方もポイントです。



実際にアレンジしてみる!


・C ⇒ Am ⇒ Dm ⇒ G

・C ⇒ Em ⇒ F ⇒ G

・F ⇒ Em ⇒ Dm ⇒ G

 

と言ったとてもシンプルなコード進行にテンションを追加してアレンジしていきます。全部で4パターンのテンションアレンジでそれぞれのポイントを解説。中でもトップノートを固定させるテンションアレンジはとても実践的でいろんな場面で使えます。テンションは1音でも入るとコードの雰囲気がガラッと変わるので、ぜひいろんなパターンに挑戦してみましょう!


ここもポイント!


<ダイアグラムが見やすい>

今回は動画にダイアグラムを埋め込むスタイルにしました。プリントアウトしなくても動画だけで効率的に進めることができるのでレッスンの利便性がグッと上がっています。

<アコギでもOK>

今回のレシピはコードを解説した内容ですのでアコースティックギターにもピッタリです。エレキ特有のチョーキングやハイポジフレーズは出てきませんのでご安心下さい!



コンテンツ内容


レッスン動画14本

(2時間20分収録) 


ダイアグラム77種類

(8ページ)


練習用MP3

(3曲収録) 




山脇オサム プロフィール


山脇オサム

 

TV東京音楽番組主催「全国バンドコンテスト」で準グランプリを獲得し、Limited Records(現ポニーキャニオン)からデビュー。東京を中心に全国のライブハウスで演奏を重ねる。自身のバンド活動の他にもさまざまなアーティストのサポートを務め、演奏だけではなくライブアレンジも手がける。打ち込みを使わないHIPHOPバンドもプロデュース。

 

ソウルフルでグルーヴィなギタースタイルは海外アーティストからの評価が高く、グラミー受賞者BABYFACEのツアードラマーNoal B. Hamilton jr.からの誘いを受け、2年間活動を共にする。メジャーアーティストのサポートを務めるミュージシャンで構成された劇場バンドに参加し、100公演以上のライブを敢行。アマチュアからプロ、海外アーティストまで多くのミュージシャンが参加するセッションを多数開催。

 

2014年からオリジナルギター教材「レシピシリーズ」の制作を開始し、これまでに25作品以上を発売。オリジナリティ溢れる内容と分かりやすい解説で日本全国にファンがいるほどの人気を誇る。毎日発行しているメールマガジンの読者は約10,000名。現在は教材制作以外に、TV番組やマルチトラック再生アプリ「SessionTracks」への楽曲提供も行っている。


【特定商取引法に基づく表記】

【販売者名】山脇治

【住所】神奈川県横浜市青葉区桂台1-5-2フォレストコート青葉台201

【電話番号】045-482-3994

【メールアドレス】guitar-recipe@g-p-club.com

【販売URL】https://www.guitar-recipe-tmots.com/chord-recipe2-lp-vb/

【お支払い方法】クレジットカード・銀行振込 (前払い)

【販売価格】3,980円 (税込)

【商品代金以外の必要金額】振込の場合、振込手数料

【お申込み有効期限】銀行振込みの場合はお申し込みから1週間以内

期限までに入金がない場合はキャンセルとさせていただきます

【商品引渡し時期】クレジットカード決済は即時、銀行振込は入金確認後のお渡しとなります

【商品引渡し方法】商品ファイルURLを記載したメールを送付して受け渡し

【返品・不良品について】データが壊れている等商品に欠陥がある場合を除き、

お客様のご都合による返金、返品には応じることはできません。

【表現、及び商品に関する注意書き】本商品に示された表現や再現性には個人差があり、

必ずしも効果を保証したものではございません。