楽器屋さんでの試奏や「ギター弾けるんだ。じゃあなんか弾いてよ!」というムチャ振りに背筋が凍る思いをした事はありませんか?

 

曲を長々と弾くわけにはいかないし、有名リフを延々弾くのもパッとしない。アドリブで弾くのも怖いし…。こういう時に使えるフレーズがあればなぁ…と思ったことは誰しもあるはずです。

 

「ハッタリお洒落フレーズ」は、そんな時に力を発揮するフレーズをマスターして相手に「おー!カッコいい!」と言わせることを目標にしています。

 

・1人で弾いてるのにカッコいい

・短いフレーズで完結してる

 

というところがポイントです。


3つのポイント


サラッと弾ける長さ 

リクエストがあった時にサラッと弾いて「おぉ!」言わせるのにちょうど良い長さにフレーズをまとめています。

長く弾きたい時は難易度別のフレーズをつなげればOK!取り組みやすい長さ、というのも人気のポイントです。


コードバッキング 

リードギターだけではなくてコードバッキングでも切り込みます。コードを弾きながらちょっとしたメロディを入れていくお洒落な奏法は1人で弾く時にとても効果的です。

コードを弾いた後にリードギターを始めるとなお良し!


3つの難易度

2つのコード進行それぞれに「初級編」「中級編」「超中級編」という難易度別のフレーズを用意しているので、初心者の方でも中級者の方でも段階的にステップアップしながらお洒落にキメることができます。



フレーズ紹介

ハッタリお洒落フレーズ編〜その2〜では、2つのコード進行パターンそれぞれに「初級編」「中級編」「超中級編」「バッキング編」のフレーズを完備しています。


【コード進行1】

|DM7 C#m7|F#m7 A7|

|DM7 C#m7|F#m7 A7| 

 

初級編

初級編なので親指の使い方やハンマリング・スライドなどの基礎テクニックをじっくり解説。基礎が出来ると上達スピードもグッと上がります。コードにスライドを入れるだけで一味変わったフレーズが作れるところがお洒落なポイント。

 

中級編

スライドや経過音のオシャレ感に加えてブルースフィーリングも合わせ持ったフレーズ。リズムの立った素早いプリングが奏法のポイント!フリーテンポ版では♭5特有の怪しさも強調させています。

 

超中級編

M7thと9thをどう強調するのか?がポイントで音のインターバルを離したりトップノートで使ったりして演出しています。お洒落にエロく聞こえるフレーズのアクセントテクニックも解説。同じフレーズでもアクセントを変えるだけで蘇ります。

 

バッキング編

コードを活かしながらメロディを加える弾き方です。ポイントはネック裏で支える親指の形です。コードチェンジやスライド時の親指の使い方など解説。ここができないとコードを弾くのは難しいのでとても重要なポイント!


【コード進行2】

|AM7 C#m7|Bm7 E9|

|AM7 C#m7|Bm7 E9|

 

初級編

連速プリングフレーズにM7thを含ませておくのがお洒落なポイント。親指を固定した安定奏法や、少しだけワイドに押さえる時に使えるクラシカルグリップとロックグリップの中間ポジションも解説。

 

中級編

経過音をあえて強調しているところとディミニッシュスケールがお洒落なポイント。3連フレーズと効果音的な半音スライドを組み合わせたフレーズはハッタリ度数も高め。オクターブ奏法はキレのあるサウンドとゴーストノートを解説。

 

超中級編

M7thをスライドで強調して一気にお洒落に。スウィープの精度を上げるピッキングとアクセントのポイントを解説。今、山脇オサムがハマっているサウンドや弾き心地をグッと良くするピッキング方法。

 

バッキング編

コードを弾きながらメロディやテンションを入れることでハッタリの効くバッキングに生まれ変わります。指の骨を利用したバレーコードの押さえ方や親指の使い方、左手のミュート方法を解説。